メニュー

各務原市の個別教室鵜沼校

ほめる、やる気になる、わかる、成績があがる。ナビ個別指導学院の鵜沼校です。
個別指導塾で最大規模の全国直営650教室だからできる万全のバックアップで、「自分でできた!」に導きます。

おせっかいな先生たちと
自分でできた!に導く塾

鵜沼校の基本情報

マップ

住所
509-0126
岐阜県各務原市鵜沼東町6-76-1
近くの駅・施設
JR「鵜沼駅」より北へ進み、
「山崎町」交差点すぐです。

国道21号線沿いにあります。

鵜沼中から車で7分
緑陽中から車で10分
中央中から車で12分

教室の前が共同駐車場になっております。
電話番号
0120-941-967
開講時間
火~土
【1限目】15:30~16:50
【2限目】17:00~18:20
【3限目】18:30~19:50
【4限目】20:00~21:20

まずは無料体験へ

4授業無料お試し

自分できた!導く秘密

秘密1
ほめる指導でやる気アップ

ナビ個別指導学院の講師は子供たちとのコミュニケーションを大事にし、とにかく「ほめる」。
小さな頑張りでも見逃さず、ほめるコミュニケーションを徹底することでやる気を引き出します。
勉強のやり方がわからなかった子供たちも、講師からほめられ教えられ問題にチャレンジ。解けるよろこびを実感
問題が解けると勉強は楽しくなります。講師とのコミュニケーションが取れていると授業が楽しくなります。「楽しい」はやる気アップにつながります。
やる気アップで、勉強・授業にどんどん前向きに取り組めるようになっていきます。

秘密2
予習型授業
+
テスト対策プランで成績アップ

ナビ個別指導学院では予習型授業で学校の内容を先取り。大事なポイントを先に押さえる授業を行っています。学校の授業よりも先に進めておくことで、学校の授業内容や教科書がより深くわかり、自分でどんどん解けるようになっていきます。
定期テストに向けては、現在の学習状況に加え、各教室が持っている過去の定期テストの傾向などから、一人ひとりに合わせた対策プランを策定。
成績アップに向けたサポート体制も万全です。
ナビ個別指導学院で採用している成績保証制度は、指導とサポート体制に自信があるからこその制度です。

自分でできた!に導く秘密へ

鵜沼校 先生をご紹介

高校生の古典等もわかりやすく教えてくれる先生です。
もともとナビの塾生だったこともあり、ナビ生の気持ちをよく理解しています!
国語が苦手な方は、ぜひ先生の授業を受けてみて下さい!!

見た目通りのとても優しい先生です。
しかも、担当生徒は高得点連発しています!
高得点を獲りたい方は、ぜひ先生の授業を受けてみて下さい!!

授業がわかりやすいと評判の先生です。
授業を受けた生徒からの人気も高いです!
わかりやすい授業を受けたい方は、ぜひ先生の授業を受けてみて下さい!!

高校生の英語でもわかりやすく教えてくれる先生です。
授業もわかりやすく、楽しくしてくれます!
英語が苦手な方は、ぜひ先生の授業を受けてみて下さい!!

鵜沼校の指導実績校

各務原市の近隣の小・中学校をメインとして、駅が近いということもあり、岐阜市方面の高校、愛知県の私立中学・高校まで、多岐にわたる生徒を指導しています!

小学生の指導実績校

公立小学校
鵜沼第一小学校
鵜沼第二小学校
鵜沼第三小学校
緑苑小学校
八木山小学校
各務小学校
陵南小学校

中学生の指導実績校

公立中学校
緑陽中学校
鵜沼中学校
中央中学校
稲羽中学校
坂祝中学校
蘇原中学校
私立、国立中学校
名古屋中学校

高校生の指導実績校

公立高校
加納高校
岐山高校
各務野高校
岐阜農林高校
県立岐阜商業高校
犬山南高校
各務原西高校
各務原高校
岐阜工業高校
長良高校
市立岐阜商業高校
私立、国立高校
名古屋高校
富田高校
岐阜東高校
済美高校
岐阜女子高校

まずは無料体験へ

4授業無料お試し

鵜沼校からのお知らせブログ

算数・数学 ここが違います!

2019/10/16

鵜沼地域のみなさん、こんにちは!

ナビ個別指導本部学院 鵜沼校です。

 

昨日、今日で秋休みも終わり、明日からは後期のスタートです。

どの学年も残り半年、次の学年に向けた準備もやっていきたいですね!

 

今日は小学生の保護者の方から多く聞かれる

「算数と数学の違い」について紹介していきます。

 

日本の教育では基本的に

小学校では「算数」、中学校以上では「数学」を学習しています。

英語圏では区別なく「mathematics」と共通です。

 

「算数」「数学」ともに数や図形を使って学習をしていきますが、

「算数」の主な目的が、『正しい答えを出すこと』です。

足し算・引き算・掛け算・割り算の基本計算はもちろん、

文章題でも買い物や道のり、時間の問題など、

日常生活で使う計算をもとに勉強をしていきます。

日常の中の問題であれば、

まずは正しい答えがわかることが大切ですね!

 

一方で「数学」の目的は『答えまでの過程を考える』ことにあります。

ですので、日常では使う機会の少ない

負の数(マイナス)や平方根(ルート)などの概念を使い

'どうしてそうなるのか'を考えて表現する

これが「数学」です!

基本的な計算ができるのはもちろん、

式に文章を入れて説明することや図形を文章で説明する単元が

入っているのは、『答えまでの過程』をどう考えているのか

表現するためですね。

 

中学生になると、「算数」は得意だったけど「数学」が苦手・・・

となる子の中には、公式は使えるけど過程を説明できない

という子がよく見られます。

「算数」と「数学」の違い、一度意識して問題も見てみてください。

鵜沼校の過去ブログを見る

PageTop