米子市の個別塾・学習塾米子校

ほめる、やる気になる、わかる、成績があがる。
個別指導塾で最大規模の全国直営700教室だからできる万全のバックアップで、「自分でできた!」に導きます。小学生・中学生・高校生、受験対策にも全対応。

おせっかいな先生たちと自分でできた!に導く塾

米子校の基本情報

マップ

住所
683-0805
鳥取県米子市西福原2丁目3番6号 ドアーズ3
近くの駅・施設
米子しんまち天満屋から歩いて2分
電話番号
0120-941-967
開講時間
火曜日~土曜日
15:00開校

1限目 15:30~16:50
2限目 17:00~18:20
3限目 18:30~19:50
4限目 20:00~21:20

21:30閉校

まずは無料体験へ

4授業無料お試し

自分できた!導く
2つ

秘密1

ほめる指導でやる気アップ

とにかくほめる講師陣
ほめる指導で生徒のやる気を引き出す!おせっかいな講師陣がパートナー。
勉強が楽しくなる指導システム
ナビ個別の授業で「わかる」を実感、勉強することが楽しくなる指導システム。
一人じゃないから頑張れる自習室
先生や皆がいるから集中して宿題などに取り組める。わからないところは質問もできて、やる気が続く。

秘密2

予習型授業 +テスト対策プランで成績アップ

予習型授業に合わせたオリジナルテキスト
予習型授業に合わせた
オリジナルテキスト
予習型授業向けに開発されたオリジナルテキストは教科書の出版社別にご用意。
一人ひとりに寄り添った学習計画
カウンセリングを通して組み立てる、一人ひとりにぴったり合った学習計画。
生徒のレベルに合わせた
テスト対策プラン
生徒のレベルに合わせ、弱点克服から得点アップに導くテスト対策プラン。
安心の成績保証制度
成績があがらなかったら?ナビ個別には成績保証制度があるので安心。

コース紹介

ナビ個別指導学院ではお子様の学年や学習状況に合わせた指導を行っております。

米子校 先生をご紹介

教室長 F先生

勉強の仕方を教えます!

I先生

先生からひとこと
「受験に向けての勉強への考え方や、方法をアドバイスします。」

S先生

先生からひとこと
「笑顔で対応します!!」

O先生

先生からひとこと
「講師も生徒もわきあいあいとした雰囲気で日々頑張っています!ぜひ体験へ^^」

米子校の指導実績校

米子市近辺の生徒さんを中心に指導させていただいております。
個別の強みを最大限に生かし、小学生低学年から高校3年生まで幅広い学年の生徒様に対応しています。

小学生の指導実績校

公立小学校
福米東
福米西
福生東
福生西
車尾
啓成
義方
住吉
加茂
弓ヶ浜

中学生の指導実績校

公立中学校
福生
福米
後藤ヶ丘
加茂
東山
湊山
箕蚊屋
私立、国立中学校
北斗

高校生の指導実績校

公立高校
米子東
米子西

米子工業
境総合
私立、国立高校
北斗
米子高専

まずは無料体験へ

4授業無料お試し

米子校からのお知らせブログ

【中学生のみなさまへ】すぐ始めよう期末テスト対策!

2024/06/11

米子市にお住いのみなさまこんにちは。
1:2の個別指導塾
ナビ個別指導学院米子校です。
 
中間テストがあった方もおられると思いますが、出来はいかがでしたでしょうか?
しっかりと対策ができた方は、期末テストも頑張りましょう。
対策不足だった方や、中間テストが実施されなかった中学の方は、期末テストに向けて気合を入れて対策をしていきましょう。
 
さて、今回は「テスト対策でしておきたいこと」についてお話します。
  
期末テストが実施されるのは、6月下旬頃からの学校が多いと思います。
ですが、テスト範囲が発表された学校もあるようですので、出来る限り早くからテスト対策をして、少し余裕のあるテスト勉強をしていきたいですよね。
 
そこで、テスト前にやっておくことをピックアップしてみました。
①学校のワークは1週間前までに終わらせる
学校のワークはできる限り「習ったその日のうちに」やってしまうのがベストです。
ただ、5教科全てやっていこうと思うと大変ですよね。
 
・国語のワーク
・副教科のワーク
などは、テスト前に苦しみながらやっている生徒さんが多いように感じます。
 
部活動などで忙しい時期だとは思いますが、計画を練ってワークを少しでも終わらせるようにしましょう。
今ワークが全然終わってない方は、今すぐ始めていきましょう!
 
基本的にワークは1週間前までには終わらせる。
テスト前1週間は反復練習をする。
 
といった事ができれば最高です。
 
また、「ワークの解答を配られていない」
ようなことも少なからずあるようです。
 
解答が無いとさらに勉強する際に時間がかかってしまいます。
解答が有るかどうか確認して、勉強計画を立てていきましょう。
  
②質問ができる環境作り
例えば社会のワークや、漢字の練習などは、答えが分からなければ答えを見て、あとは反復するのみです。
 
しかし、数学のワークや理科のワークなど、解説を見ても分からない所がある場合どうしていますか?
答え丸写しして、やったつもりになっていないでしょうか?
 
目標点数にもよるかもしれませんが、基本学校のワークは教科書に沿ったものになるので、とんでもない難問は出ません。
なので、出来るだけ理解できていない箇所がないようにしたいですね。
質問が必要なものは必ず質問ができるようにチェックを付けておいてください。
 
後はしっかりと「質問ができる環境」を整えておきましょう。
 
学校の先生に質問する日を決めておくだけでも良いと思いますよ。
 
③反復しないといけないものを優先的にやる
どの教科にも共通して「反復」をしていかないといけません。
反復しないといけないものから優先的に勉強するようにしましょう。
 
社会のワーク、英単語、漢字...
 
こういったものは特に時間がかかるように感じます。
反復が必要なものを、テストが近くなってからやってしまうと反復する時間が無くなりますよね?
とにかく計画的に勉強をしていくようにしましょう。
 
一度前回のテスト勉強を自分で見直してもらうと、何が足りないかが分かると思います。
改善点を毎回のテストで改善していくと、受験生になった時に勉強の効果が全く違ってきますよ。
  
 
今回紹介したものは、全て今すぐに取り掛かれることです。
「いつかやろう」では、すぐにテストが来てしまいます。
 
やる気が出ないと思っている人も、まずは机に向かってワークに取り組んでください。
面倒なものでも、一度やり始めると案外続けることができるものです。
 
一生懸命頑張って、すっきり夏休みを迎えたいですね!
 

米子校の過去ブログを見る

PageTop